« 健康食品会社は好調のようですね | トップページ | 夜は青汁を飲んで寝るようにしてます。 »

ジェネリック医薬品は安いけど

新薬の特許期間がすぎたお薬は、同じ成分で安く開発・発売できるようなんですが、そういった医薬品は「ジェネリック医薬品」といわれているようなんです。

欧米での普及率は高いようなんですけど、日本では1割~2割程度しか普及してないようで、医療費の抑制のためにも、安い薬のジェネリック医薬品を使おうっていう動きが活発化しているようです。

けれども、お医者さんや患者さんにとっては、同じ成分で作られているとしても、「安かろう、悪かろう」的な心理での不安感もあるようで、なかなか日本では普及しずらい面もあるようです。

また、価格の面でも、安い薬の場合は、先発薬もジェネリック医薬品もたいした料金的な違いはなく、必ずしも安い薬ばかりというわけでもないようなんです。

そんなおり、ジェネリック医薬品の大洋薬品工業さんが、配合量を間違えて出荷しちゃったみたいなんですが、やっぱり、信頼性の面でいうと、多少高くでも、昔からある薬を使った方がいいのかなっていう気もしてきます。

ジェネリック医薬品の信頼性がどこまで確立されるかが、今後の課題になっていくような気もしますが、健康のことを考えると、お金には変えられないという人も多いのかなっていう気もしたりです。

私の場合は、自然治癒力を大切にしたいんで、医薬品は気休め程度のものでいいんですが、そういった人にとっては、ジェネリック医薬品は安くてお得な薬なのかなぁという気がします。

|

« 健康食品会社は好調のようですね | トップページ | 夜は青汁を飲んで寝るようにしてます。 »

心と体」カテゴリの記事