« 2010年8月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年4月

放射線の健康への影響の情報が少ない

福島第一原発がチェルノブイリと同じレベル7にまで引き上げられましたが、やはり、放射線の健康への影響について気になってしまいます。
チェルノブイリと同じレベルということは、やはり同じような健康への影響があるような気もするのですが、特に具体的な点については公開されていないのです。

厚生労働省のホームページを参照してみると、特に心配するようなことはないことは書いてありますが、やはり情報量が少なすぎる感がいなめません。

放射線の健康影響に関する一般の方に向けたQ&A(その1)

特に気になるのは子供への影響です。

現在分かっているのは以下の2点かと思います。

①チェルノブイリ=赤ちゃんへの影響大 (ネット上に多数画像有り)
②チェルノブイリ=福島第一原発=レベル7

仮に、上のふたつの方程式が成り立つとするのなら、

③福島第一=赤ちゃんへの影響大

ということも成り立ってしまうのではないでしょうか。

絶対に安全といわれていた原発は「想定外」ということで済まされてしまっていますが、子供の健康に関しては想定外で済まされるものではないです。

やはり、改めて「チェルノブイリでの影響はこういう放射線量で数年後にこうだった、そして、福島の現状はこういう状況だからこのように予想される。」というような、客観的で具体的な情報を元に誰にでもわかる形で公開して欲しいものです。

|

« 2010年8月 | トップページ | 2011年8月 »