« 歯痛から感謝を学ぶことができました。 | トップページ | 転院の意思を伝えて抜歯を回避 »

痛くないもない歯を抜歯する際の先生の言い訳

実は、先日から歯医者さんに通っているんですけど、特に痛くもない歯を抜歯するとかいいだすんです、その先生は。もともと、親不知の抜歯で通っておりまして、そちらの方の抜歯が無事に終了いたしましたので、正直、もう終わらせてほしいんですけど、何だかんだと虫歯をみつけてきては、これを直さないと大変なことになるっておどすんです。

ぶっちゃけ、レントゲンで見ても大きな影はないですし、確かに虫歯ではあるのですが、歯を抜かなければならないほどの症状は全くない状態なんですけど、先生は抜く気まんまんで、こちらの言うことは聞く耳を持たずという感じなんです。

抜歯の理由としましては、放置しておくと、ばい菌が入る可能性があるとのことなんです。けれども、根管治療さえしっかりしていれば、その心配もないはずなんで、あえて抜歯の必要性がビビットに感じられないのです。

なぜ、歯医者は抜歯をしたがるのか?について、うがった見方をしてしまいますと、やはり、根の治療をしっかりしてもまったくお金にはならないようなんです。保険治療で数千円程度なものに対し、しっかりと根の治療をする場合は時間もかかるわけですので、コスト的にぜんぜんペイしないんだろうと。

欧米の場合は、根の治療で数十万円程度はするようなんですが、日本の場合は数千円程度の治療になるようなんで、このあたりは馬鹿らしくて歯医者さんの方でもやってらんないようなんです。

それに対して、グレーの虫歯の場合は抜歯をしてしまえば、歯を抜いた以上、あとはインプラントとかブリッジとかの選択ししかないわけなんで、抜歯の手術費用に加え、そのあとのかぶせ物の治療でも2度おいしいという訳です。

手術で保険コミで10万、加えてインプラントで40万とか普通に見込めるわけなんで、合計で50万円程度の売り上げが見込めるわけですが、これを抜かずに根の治療だけですませれば、数千円程度で済むわけです。

天と地ほどの差があるわけなので、抜歯の方向で無理にでも持っていくというのは理解できますが、こっちとしても、痛くもない歯まで抜くのは意味がわからないわけです。

前回の親不知の抜歯でもお世話になっていたんで、セラミックの歯ぐらいでしたら、5本でも10本でも入れてもいいかな思っていたんですが、このような患者の利点を無視するような歯医者さんは正直、不信感が募ってしまいます。

そこで、抜歯はきっぱりとお断りをして、マイクロスコープとラバーダム、CTなどの設備のある歯内治療の専門医さんの方で、時間をかけて根管治療をしてもらおうと思っています。
保険が効かないようですので、数十万程度の費用がかかるようなんですが、抜歯する選択は今のところないんで転院する予定です。

私にも義理はあるわけですので、今の先生のところで、患者の利益を考えて対処していただけていたら、セラミック5本と奥歯の2本を金歯にして、現金で70万円ぐらいをそこの歯医者さんに落とす予定だったんです。

でも、患者の気持ちを聞かずに、一方的に抜歯をするようなお考えの先生は、こちらも気持ちよくお願いするわけにはいかないんで、電話一本入れてばっくれようと思ってます。

ただ、いつもの衛生士さんは、かわいくはないんですけど、いつも真面目に一生懸命仕事をしていたので、ばっくれたりしたら、この子の責任にならないかなーと。その点だけが気がかりなんで、やっぱ、直接いって先生に伝えようかなと考えてます。

|

« 歯痛から感謝を学ぶことができました。 | トップページ | 転院の意思を伝えて抜歯を回避 »

心と体」カテゴリの記事