« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

医療費控除で節税になるか?

医療費控除っていうのがあるらしいのですが、今年はこれをふんだんに活用しようと考えております。やっぱ、何百万も税金をお支払しているわけですから、ある程度は優遇されてもいいと思うのです、病気になったときぐらいは。

健康保険だってあれでしょ、1回も使わない年もあるのに年間63万とかとられているというのに、一方では1、2万程度しか払っていない人もいたりして、正直、やってらんないです。この差って、単に稼ぎが多いか少ないかの担税力の違いだけなわけですし、きちんと健康管理している人がより大きな負担がかかるシステムになっているわけです。

月になおすと5万円程度にはなるわけですが、1日1500円もあれば、特上の生ずしを毎日でも食べれるわけじゃないですか、1年中。1回も利用しないような健康保険に、正直、そこまで払うのは非常に理不尽だと思う次第なのです。

なので、今年は医療費控除を有効に活用して、少しでも取り戻そうとたくらんでいるわけです。

その第一弾といたしまして、歯の治療で150万ぐらい、あとばあちゃんが病院好きなようなんで、ばあちゃんの医療費の領収書ももらって170万ぐらい使って、80万ぐらいは節税しようと考えているのです。

上限は200万円のようなんで、控除枠が余ったら、接骨院のマッサージなんかも利用してみようかなって。でも、クイックマッサージなんかは控除対象外のようなんでこの辺がよくわからないんですが、今度、顧問契約している税理士さんにでも聞いてみます。

いずれにしても、使わない方がお金が残るわけですので、このあたりは判断が難しいところですが、この辺は高額納税者のメリットといえばメリットなんで、今年は使ってみようと思うのです。この節税効果については、また当ブログ上でご報告させていただきます。

|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »